2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 電脳コイル第4話 | トップページ | プラグ交換とダーツ »

2007年6月 3日 (日曜日)

Realta Nua終わりました

ずいぶん時間がかかった気もしますが、Fate/stay night「Realta Nua」を終えました。
基本的にはPC版のFate/stay nightと同じで、全年齢向けとして一部シーン変更、追加CGあり。
でも最後までクリアすると・・・

以降ネタバレが含まれます。

PS2版オリジナルの、ショートエピソードがありました。
Fateルートのその後・・その後って感じでもないか。
顛末というか、なんというか・・・アーチャーの未来の先に待っているのがあれなら、よかったなあ、と思えました。

そしてこれが本当にFate/stay nightの最後なんだなぁ、とも感じた。
もうTYPE-MOONがFateシリーズを手がけることは無いと聞いています。
だからこそ、最後の最後に、セイバーと士郎のエンドを追加したんだろう。

Fateはもう完成した作品であり、変に手を入れることは出来ない。
だから、言ってしまえば、この追加エピソードも無理やり感は拭えない。
それでも追加したってのは、意味がある。
ataraxiaも含めたFate/stay nightの物語に、作者が最後にちょっとだけ付け加えるチャンスが出来た時。
プレイした人が気持ちよく終われるような要素を追加したかったんじゃないかな。
だから、これは素直に、良かった、と思わないといけない気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つっても私のようなセイバー至上主義者以外には面白くないでしょうけどね!

« 電脳コイル第4話 | トップページ | プラグ交換とダーツ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電脳コイル第4話 | トップページ | プラグ交換とダーツ »