2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« スズキ、やっぱり黄色に | トップページ | 新型GSX-R250??? »

2008年1月10日 (木曜日)

オーリンズのリアサスを入れました

ちゅーわけで、OHLINSのリアサス入れました。
サスペンション1本12万円・・・我涙目。
取り付けに2時間くらいかかったけど、ちょうどお昼でのんびり作業していた事もあるんで、まあそんなもんでしょ。
待ち時間に古いライダーズクラブとかクラブマンを読んでいました。おもしれえ。

img549.jpg

さてリアサスですが、乗る前は違いがわかるか心配でした。
が、まず跨ってみると既に違う。
サスペンションの長さはノーマルと同じにしてあるはずなのに、車体が低い。
純正よりリアが沈み込んでいるようだ。
とりあえず試乗って事で一般道に出てアクセルを捻ると、何か違う気がする。
何が違うのかは分からない。
そんなアクセルオンで違いが出るほど変わるのか?と思うんだが、何か違う。
具体的に言うとマシンが重くなった気がする。

不思議な感じだ。なんで重くなったんだろう。
そのまま近場をぐるっと走ってみる。
本当はワインディングを走りたいんだが、都内にそんな場所は無い。
でも、ゆっくり走っていても、路面のギャップに乗ったときもタイヤが接地し続けているのが分かる。
こりゃいいわ。
そして大通りに戻る時、ちょっと速い速度で進入してみようかな、とアクセルを開ける。
でも突っ込もうかという所で信号が赤に変わっちゃった。
仕方ないからブレーキ&シフトダウンをしたんだが、つい連続で2段落としてしまった。
回転数は合わせてあるんだが、これだと強いエンジンブレーキがかかってリアタイヤがロックする。
今までならそうだった。
なんとリアサスを変えたらタイヤは全くロックせず、かわりにエンジン側にモゴモゴと変な音が!
慌ててクラッチを切って、エンジンが壊れたんじゃないかと確認。
動いている。
一安心だが・・・コレは凄い。
今までなら確実にリアタイヤをロックさせていたのに・・・。
リアサスを変えて、タイヤを地面に押し付ける力が凄く上がったんだ。
そしてダンロップα-10のハイグリップがこんな事を起こしたんだ。
12万円出した甲斐はあるわ。
むしろ最初からこうあるべきだな。きっと高級車ならそうなんだろう。
我のグースは今日、初めてあるべき姿に戻ったというワケだ。
帰りの第三京浜でも、100km/hで走っても接地感は全く失われない事を確認できた。
今までは薄くなっていたんだよ、タイヤがグリップしている感覚が。
そして出口んとこで軽くバンクさせてみたが、やっぱりリアタイヤがずーっと地面を設置し続けている。
いやぁ、こりゃ面白い。買って良かった。高かったけど。

ちなみに最初の重くなったような感覚ってのも、解ってみれば簡単な話、タイヤのグリップ感が上がっているって事だったんだ。

ちなみに作業してもらったのはuno per unoというオーリンズのアンテナショップ。
HPが新しくなってる!

« スズキ、やっぱり黄色に | トップページ | 新型GSX-R250??? »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズキ、やっぱり黄色に | トップページ | 新型GSX-R250??? »