2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« WiiをVGAでPCモニタに繋いでみた | トップページ | 21世紀臨調主催「麻生 VS 鳩山」党首討論 »

2009年8月14日 (金曜日)

MH3が2980円で投売りされている件について

娘が泣いて仕方が無い時は、だっこして揺らしながら歩き回るしかないです。
そうしている時は何も出来ないので、仕方なく考え事をするんです。
今日はせっかくなので、MH3が2980円で投売りされている事について考えていました。

まずは大本の記事であるこちら!
リンク: 第30回:予想を遥かに超えた状況。 - 『メッセサンオー稲越のテレビゲームの売りかた』.
ビックが本数限定とはいえ、出たばかりのMH3を2980円で投売りしている様です。
いやー、MH3はWii期待のビックタイトルなハズなのに、どうしたんでしょうね?って感じです。
・・・個人的にはこの値段は適正価格なような気がしますけど・・・。

で、まあ、どうしてこういう状況になったのかを、まあボーっと考えてみたんです。
大前提として、投売りされるゲーム == クソゲー・・・という訳ではない、というのがあります。
投売りされるゲームはつまらないから安く売られるのではなく、需要と供給が不釣合いだから投売りされるのは、まあ分かりますよね。
つまり、「MH3はこれくらいは売れるだろう」と予想された本数ほど売れなかった、という訳。
投売りされている事実から分かるのは、それだけ。
それ以上の事は、誰にも分からない。想像するしかない。

じゃあ次は、なぜ予想されたより売れなかったのか。
まず、カプコンは100万本出荷しました。
リンク: 株式会社カプコン | カプコンの人気シリーズ最新作『モンスターハンター3(トライ)』の初回100万本出荷が確定!.
この出荷本数が多すぎた・・・というのは間違いない訳ですね。
なぜカプコンは多く出荷したのか?
全部売れると思ってやったのか?
たしかにWiiは国内だけで800万台を販売している、今最も人気のあるゲームハードです。
リンク: Wiiの国内累計販売台数が800万台を突破 - ファミ通.com.
しかし100万本といったら、Wiiユーザーの10人に1人が買っても捌ききれません。
初回出荷としては多すぎる・・・と素人目に考えられる本数ではないでしょうか?
ネットワークゲームは発売直後が最も盛り上がるのですから、買えなかった・・・というユーザーは居ない方が良いに決まっています。
だから買えないよりマシなんですけどね、もちろん。

ではなぜ、ワザと捌ききれないほどの本数を出荷したのか?
想像になってしまいますが、任天堂も一目置く人気タイトルなだけに、初回出荷100万本とか大きく出ないと格好が付かない状況だった・・・のではないでしょうか?
なんせWiiオフィシャルサイトにインタビューが紹介されています。
リンク: Wii.com JP - 社長が訊く『モンスターハンター3 (トライ)』.
これによると、新型コントローラーや新色は任天堂がカプコンに協力を仰いで作った様子。
任天堂はMH3に、よっぽど期待していたんでしょうね。
そんな状況になれば、売る方としても、とりあえず初回100万本とか大きく出ないと格好つかないじゃないですか。
過去にP2Gでは300万本以上という本数を販売しています。
リンク: カプコン「モンスターハンターポータブル 2nd G」.
それに対して「正直、初回出荷は売れて50万本くらいかな・・・」なんて現実的な本数を出荷しよう物なら、任天堂は「こんなに協力してやったのに、そんな弱気?大丈夫なの?」って心配するじゃないですか。
協力してくれた任天堂をガッカリさせない為にも、MH3の初回出荷100万本!・・・たとえ全部売れなくもて、それくらいのアピールは必須だった。
そういう事情があったのではないか?というのは、想像ですけどね?考えられます。

じゃあ何で任天堂はMH3にそんなに肩入れしたのでしょうか。

それについては、このAllaboutの記事が参考になります。
リンク: モンハンが到達した、任天堂のいない場所 - [ゲーム業界ニュース]All About.
3ページ目の一部を抜粋します。
WiiはDSと同じく、高校生から大学生ぐらいまでの年齢層のユーザーが極端に少ないという分析結果が任天堂からでています。
つまり、モンハンがコアターゲットとしている層がWiiには少ないのです。

だそうです。
MH3のターゲット層はWiiを持っていない。
カプコンも任天堂もそれを理解した上で、WiiでMH3を出す。
つまり任天堂はMH3を使って、これまでWiiを持っていない層にWiiを買ってもらおう!という狙いがあるんでしょうね。
そしてカプコンは、現在国内で最も売れているハードが全面バックアップしてくれる、という凄い後押しを貰えます。
両社にとって旨みのある話ではないでしょうか。

そんな訳で、任天堂とカプコンが協力した結果、カプコンは売れないかもしれないけど大量出荷しなきゃいけない、そんな状況になったと予想されます。

となると、任天堂はMH3に期待していたのに在庫余剰になった・・・任天堂は期待外れに終わったか?という話になります。
それはどうでしょう?
先の記事にもありましたが、MH3のターゲット層とWiiのターゲット層は、あまり被らない。
それは私でも何となく分かります。
MH3が出れば本体も売れる!そういう狙いはあったでしょう。
しかし現状は期待はずれ・・・?いやそうでしょうか?MH3は初回出荷が捌けてないですが、決して売れていないわけではありません。
リンク: 初動で58、3万本!モンスターハンター3絶好調!|M☆G☆M+etc....
初動販売本数はWii史上3番目で、Wii Sports Resortより売れているんです。
過去のMHシリーズと比較しても、P2&P2Gという”異常なくらい売れた”PSP版を除けば、据え置き機タイトルとしても最高の初動本数です。
発売直後は凄く売れた。
これはもうMHシリーズを指名買いしている人のせいでしょうね。私みたいな。
それが10日後には投げ売り・・・となると、初動から後が続いていないのではないでしょうか?

なぜ初動から後が続かないのか?
先も言いましたが、初動はMH指名買いの人。
このシリーズの中毒者どもです。
じゃあその後に続くのは誰?・・・そりゃあ新規ユーザーとかでしょう。
MH中毒者は買った。しかしその後、新規のお客が来ない。
・・・いや、来ない訳じゃない。来るペースと初回出荷本数のバランスが取れてない。
どうして新規の伸びが悪いんだろう?それについては、MH3のユーザーを考えてみると、これまた予想ですけど、なんとなくわかります。

まずは私と同類である、MH大好きな駄目な大人。財力あるからゲーム機くらい楽勝です。
次にMHは好きだがWiiは持っていない率の高い中高生。(本当に中高生に人気なの?Allaboutの記事にそうあったんですけど、これやってる中高生見たことないです。駄目な大人しか見ない・・・)
そして最後に、MH未プレイ率が高いであろう、既存Wiiユーザー。800万人もいるしソフトを買うだけなら予算も少なくてすむし、期待出来るはず。

この3パターンが想像出来ました。
これだけMH3を買いそうなユーザー層があるなら、100万本くらいすぐ・・・って感じもします。
が、驚いた事に、この3パターンは全て落とし穴があったんです。

まずゼッケン1番の駄目な大人。
このターゲットの弱点は、Wiiを子供のゲーム機と捉えている事です。
うちの会社にも居ます。過去MHシリーズをモリモリプレイしているが今回は「Wiiだとオンラインで小学生とか多そうじゃない?この歳になって小学生に混じって遊ぶのもどうかと・・・」と、Wiiだから敬遠してしまっている人。
これについては、否定できないんですよねぇ。夏休みだからか、多いんですよ。”仲間と遊んでいます”タグにしているのに街に入ってきて、しかも挨拶無しで勝手にクエ張って参加するのを待っている人とか。
レイ兄さんなんか大人だからさぁ。「こういう時は、求人区とか行った方がいいよ?」とか教えてあげてる。偉い。

次にゼッケン2番の中高生。
ここら辺に人気があるってのが本当かどうか知りませんがね。
で、ここら辺の人ってのは、Wiiを持っている率が低いらしい。なんとなく分かる。
でもって、MH3目当てに新しくWiiを買ってくれるかというと・・・どうかなぁ。本体25000円は高すぎるだろ。
さらにソフトとコントローラーで3万超えるからねぇ。
今回の投売りソフトですら本体とコントローラーでピッタリ3万だ。
子供がポンと出せる値段じゃないだろう。

最後にゼッケン3番の、既存Wiiユーザー。
この人たちも、買わないんじゃないかなぁ。
Wiiユーザーってヘビーゲーマー少なそうに見えるんだ。
Wii Fitとか売れたそうじゃない?あれを買う人が普通のゲームを遊ぶだろうか。
逆にMHシリーズってのはゲーム的に硬派だよね。島国大和さんも書いていたけど。
リンク: モンハン2とゲーム業界の明日(大袈裟):島国大和のド畜生.
既存のWiiユーザーがどんな人たちなのかよく分からないけど、なんとなく想像できるユーザー層は、MH3を買わなさそうに思える。

以上、半端なく長くなりました。
たぶんこれを読む暇人は居ないでしょう。私も読まない。
でも以上の話から推測すると・・・。

カプコンは売れないと分かっていても100万本出荷せざるを得なかった。
任天堂はMH3で新規ユーザーを獲得したかったが、任天堂が思っているよりWiiを購入する敷居は高かった。

という事ではないでしょうか。
しかし幸いなことがひとつあって、MH3は予想していたより面白い。
特に過去のMHシリーズを遊んできた人には是非プレイしてほしい面白さ。
初回100万本は、時間はかかっても、いつか捌けると思います。
後は、任天堂がWii本体を値下げしてくれればねぇ・・・。

« WiiをVGAでPCモニタに繋いでみた | トップページ | 21世紀臨調主催「麻生 VS 鳩山」党首討論 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

自分でもなぜこのブログにたどり着いたのか分かりませんが、なかなか面白い記事でした

そう言ってもらえてうれしいッス

「投売りしている WIIソフト」で検索してここに来ました。最後までしっかり読みましたよ。
個人的にとても面白い内容でした。
私はMH3は買ってません。Wiiは持ってます。
PSPに移植されるのを待ってます。
モンハンはPSPでみんなで集まってプレイして何ぼだと思っているのですが、どうでしょう?

私は初代MHからのプレイヤーで、PSP版が売れたのを知って驚いたクチです。
「みんな、このゲームそんなに好きなの?」って。
でも確かに、PSP版を皆で持ち寄って遊ぶと面白いですよね・・・こりゃ売れるわ。
ちなみに、いまファンタシースターポータブル2がそんな感じです。
・・・が、知った仲間と集まって遊ぶのも面白いですが、オンラインで知らない人達とあそぶのもまた面白いものです。
MHがなけりゃ、リアルで遊ぶ仲間が四国や大阪に出来たりしませんでしたからね!
そんな訳で、我のMH仲間は持ち寄って遊べる環境じゃ無いから、オンラインがないと困ります。

ちなみに、まこなこさんがMH3は成功?失敗?という記事をまとめられています。
makonako.com/mt/archives/2010/02/3-45.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WiiをVGAでPCモニタに繋いでみた | トップページ | 21世紀臨調主催「麻生 VS 鳩山」党首討論 »