2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« E3はじまったねー | トップページ | WTCC鈴鹿開催について »

2010年6月19日 (土曜日)

スーパーGT第4戦セパンのustream放送が凄かった件

スーパーGT第4戦セパンの予選、いやぁ、良かった。

このところレーシングドライバーやチームでTwitterが流行っているのですが、今回のセパン戦ではチームKRAFTとnismoがUSTREAMで動画配信を行う事になりました。
nismoなんて記事にまでなっている。
実際に現地で配信された動画は、それはもう凄い。
特にKRAFTは面白かった。
楽屋裏で脇坂選手・大嶋選手・石浦選手が猪木のマネをしながら延々と世間話をするとか、マトモな放送なら絶対に流せないさない内容だけど、ファンには滅茶苦茶面白いですよ。
そして本命の予選が始まったんですけど、ここで問題発生。

KRAFTのUSTREAMが、大人の事情で放送を止めさせられたんですね。

そりゃあもう視聴していたファンは大激怒。
特に怒っていたのが、ブノワ選手のオフィシャルサイトの「ブノワっぽい」や、nismoオフィシャルの「ピットマンズ」を作成しているb_cartoonさん。
b_cartoonさんのその時のTweetは、こうでした。
映像コンテンツを独占する事で価値を守るというけれど、残念ながら今のコンテンツに守るべき価値なんか皆 無。だって、放映権としてフジテレビが一体いくら払ってくれたのでしょうか。ゼロ。逆にお金払って流してもらってる始末。なのに思い上がりも甚だしい。」
こうやって、守るべき既得権益すらロクに無いのに、志もって盛り上げようとする人たちの邪魔してるんだか ら、そりゃモータースポーツがメジャーになんかならない。今はとにかくいろいろな方法を駆使して露出を増やし、サービスを向上させ、少しでもメジャーにし ていくべき時。」
そうやって草の根でも少しずつメジャーになっていって、初めてコンテンツに本物の「価値」が生まれてくる。 そうやって生まれた「価値」になら、テレビ局も「お金を払うからウチで流さして」って言ってくる。価値を守るのはその時からで十分なのに。」

これには全く持って同意です。
今、日本のモータースポーツで最も人気のあるスーパーGTですら、一般の知名度は恐ろしく低い。
もっとたくさんの人に観てもらわないといけません。
今回のUSTREAMだって、やったところでKRAFTだってnismoだって1銭の金にもならない。
でも、ファンが喜んでくれるなら、やってみようか!と言ってやってくれているワケですもんね。
それを無下にするようなマネをされたら、そりゃあ視聴者は怒りまくるにきまっている。
しかもこの放送を観ている人は、よっぽどのレース好きだろうから、余計にね。

ただ、この大人の事情も、仕方の無いことです。
スーパーGTが興行である以上、権利者の許可なしで放送したり出来ないだろう。
いくらファンのためでも、権利者の権利を侵害してはいけない。

最終的には、ピットレーン以外ならUSTREAM放送OKという事になり、放送は再開されました。
予選最後のスーパーラップ、nismoの放送は神がかっていた。
SL中は#23のピット内を延々を映し続け(ピット内部の映像はオフィシャルの放送でもまず放送されないレア画像でマニアには大興奮)、そして仲間である#12がポールを獲得したら、ドライバーである松田次生選手とロニー・クインタレッリ選手へ単独インタビュー(オフィシャルインタビューの後にUST視聴者の為のインタビュー)を行い、さらには興奮冷めやらぬ柿本総監督(日産の3チームを纏める凄く偉い人で、インタビューされるのはレア)へのインタビューまで実施。
これはもうね、鳥肌立った。
生の現場ってこういうモノだよね、っていうのを味わった。凄い。nismoの放送だから出来たことだよ。Jスポとかフジじゃ無理。
こんな素晴らしい放送が観れなくなるかもしれない、というのは、至極勿体無い。

USTREAMでの放送がどうなるかは、正直、権利者の采配にかかっています。
いくらファンが「ファンの楽しみを奪うな」と言っても、ファンにどのようなサービスをするのかを決めるのも権利者ですからね。

ただ、個人的な意見を言わせて貰うと・・・。
これって凄いチャンスだと思うんですよ。
レースって、現場に行っても、テレビで見ていても、その全てを把握する事は出来ません。
それくらい、全チーム戦っていて、あっちこっちで様々な出来事が起きているんですよね。
もし権利者側が「チームが放送するなら、ここからここまでならOK」って線引きをしっかりやってくれれば、その範囲内でも十分面白いことが出来ると思うんです。(なんせ楽屋裏だけでもあんなに面白いんだから!)
綺麗な映像はタダで配信出来ないんだから、J-SPORTSの生放送に影響を当たる事は少ないでしょう。
それよりも、各チームによる個別の放送を観ながらオフィシャルの放送を観れば、より楽しめる事間違いなしだと思います。
インターネットで全チームのピット内を放送しつつテレビでレースを生放送すれば最強。
J-SPORTSならHD画質でレースが見れるし、ピット内の映像なんて何がおきているのか大体分かれば十分だから、iPhoneの低画質でもOKでしょ?
ちゃんと住み分けしつつ相乗効果が見込めると思うんだけどなぁ。

何より、テレビでレースを生中継しつつ、各チームの様子は個別にインターネット配信されているなんて、時代の最先端を行くレースだと思わない?格好いいじゃない!
そんな時代の最先端のレースなら、知らない人でもスゲェって思うじゃない!
それくらいインパクト与えるレースになって欲しいじゃない!

USTREAM配信が、スーパーGTの今後に良い影響を与える事を願います。

« E3はじまったねー | トップページ | WTCC鈴鹿開催について »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« E3はじまったねー | トップページ | WTCC鈴鹿開催について »