2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« STOMPGRIP付けたグースに乗ってみた | トップページ | トミンモーターランドに行って来ました »

2012年5月 6日 (日曜日)

STOMPGRIP付けたグースに乗ってみた その2

STOMPGRIPはすごく効果がある、という認識をした状態で、再度乗ってみた。
うん、凄いグリップを利用する前提の乗り方をすれば、これはいい。
今までとぜんぜん違う。

そもそも、なんでグース350にストンプグリップを付けようかと思ったか・・・なんだけどね。
グースってタンクに下半身を密着させるとニーグリップしやすいんだけど、それだと我にはペダルの位置が合わないんだ。

ステップにつま先を載せた状態+下半身をタンクに密着・・・この組み合わせだと全然問題なし。
でもつま先がステップにあるわけだから、シフトチェンジやリアブレーキが使えないじゃない。

かといって、シフトペダルやブレーキペダルを操作可能な位置に足を持って行くと、今度は足首の角度とかキツくて、あと膝の開き具合が中途半端で、ダメなんだわ。

かわりにシート後方に座る+ペダル操作可能な足位置だと、これはこれで具合がいい。
でもシート後方に座った場合、タンクをニーグリップできない。

こんな感じで、ポジションが、どうにもしっくり来なかったのよね。
本当はペダルの角度をもっとつけて、足首を楽にする方法もあったんだけど、ペダルの角度をそんな急角度にしていいのかなぁ、という不安があった。
あとシフトペダルはともかくブレーキペダルは角度調整に割りピンとか必要でなんだか面倒そうなんだよねー。
気軽に調整できなさそうだし。なんでブレーキとシフトの調整方法がこんなに違うのか意味不明。
角度をつけた結果、街乗りがしにくいとかになっても困るし。

あと、長距離走ると、キツくてね・・・確実に腰に来ます。(笑)
そんな訳で、ニーグリップを楽にしたかったんだわ。

でもって今回ストンプグリップを装着した結果なんだけど、別に下半身をタンクに密着させなくても余裕でニーグリップが出来るようになった。
これだとペダルに足を載せていても全然問題なくニーグリップ可能。

そして今までより断然ニーグリップしている状態が長続きするもんだから、加速も減速も凄く身体に来るのよね。
マシンを振るのも自由自在だ。
それが気持ちよくて楽しくて、ついつい加速減速が今までより元気になってしまう。
これは危険だ。白と黒のバイクとかに気をつけないといけない。

さて、なんか順番逆かもしれないけど、次はペダルの角度をもうちょっと下げてみようかなぁ・・・と思って確認してみたんだが・・・もう十分ペダル下がっているなぁ・・・やっぱり。
少なくともSSとかと同じくらいの角度だわ。
これ以上下げるとレーサかよみたいな角度だ・・・ぬぐぐ。

« STOMPGRIP付けたグースに乗ってみた | トップページ | トミンモーターランドに行って来ました »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« STOMPGRIP付けたグースに乗ってみた | トップページ | トミンモーターランドに行って来ました »