2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 盗難防止アラーム付きディスクロック買いました | トップページ | Windows10のマップが起動できない時は »

2015年12月14日 (月曜日)

Diginnos DG-D08IWB 16GBモデルをwindows10 TH2(Version1511)へアップグレードする手順

まずMediaCreationToolを使ってWin10インストール用USBメモリを作っておく。

次にとにかくCドライブの容量を確保する必要がある。

・自分でインストールしたアプリ、最初から入っているアプリを全て消す

・最初から入っている辞書データとかもサイズデカいのがあるから削除

・新しいユーザーをAdministrator権限で作り、そちらでログインして、今までのユーザーを消す

・仮想メモリを小さいサイズにする(32MBにした)

・ハイバネーションを無効にしてC直下にあるhiberfil.sysを消す

・Cドライブでディスクのクリーンアップやる

これでストレージが6.9GB確保できればアップデート可能

USBメモリからWindows10をインストール開始。

空き容量不足メッセージが出たらSDカードを指定。

それでも空き容量が足りないと言われたら一度戻ると、何を引き継ぐかを聞かれる。

「個人ファイルのみ引き継ぐ」を試してみて、それでもダメなら最悪「何も引き継がない」で進める。

ただ何も引き継がないでクリーンインストールした場合、画面タッチが左右逆になる事がある。

これはUSBキーボードを繋いでれば回避できるらしいが、やっちまったらググって直す。

あと画面の回転が動かなくなるが、ドスパラ公式で配布しているドライバで直る。

とりあえずここまで。

« 盗難防止アラーム付きディスクロック買いました | トップページ | Windows10のマップが起動できない時は »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗難防止アラーム付きディスクロック買いました | トップページ | Windows10のマップが起動できない時は »